スポンサーリンク

パワーポイントを追加購入する方法と最安値の比較【PowerPoint】

パワーポイントを追加購入する方法と最安値の比較【PowerPoint】 Office
疑問
  • 今使っているOffice製品内にパワーポイントがない
  • Officeのパワーポイントだけ単品で欲しい
  • Microsoft 365プランだとパワーポイント以外も使えるが、そこまでは不要
  • パワーポイントだけ使えればいいから、もっと安く購入できないの?

Office製品で有名なのが、ExcelとWordですが、パワーポイントも意外と便利です。

プレゼン資料作成しかできないと思われがちですが、デザイン作成も得意分野。

年賀状や名刺、チラシ・ポスター・バナーなどの画像作成もホント簡単にできます。

そんなパワーポイントを、追加で購入したい方。

パワーポイントをとにかく最安値で買いたいと思っている方。

この記事では、パワーポイントを追加購入する方法と最安値の比較を解説しています。

ぜひ便利なパワーポイントの購入時に、参考にしてください。

この記事の概要
  • パワーポイントのみ単品で購入できます
  • パワーポイントを単品で購入する方法と価格の比較
  • パワーポイントの短期間利用なら、さらに格安に
  • パワーポイントを追加購入する方法と最安値のまとめ
スポンサーリンク

パワーポイントのみ単品で購入できます

パワーポイントのみ単品で購入できます

Microsoft 365プランを新たに契約しなくても、パワーポイントのみ単品で購入することができます。

Microsoft公式サイトを見ると、

【 パワーポイントが利用できないプラン 】
  • Office Personal 2019
【 パワーポイントが利用できるプラン 】
  • Microsoft 365 Personal
  • Office Home & Business 2019

と説明があります。

パワーポイントが利用できるMicrosoft 365プラン

例えば今、どのプランも利用していない。または、Office Personal 2019プランを購入している場合は、パワーポイントが使えません。

どちらの場合でも、パワーポイントのみ購入することができます。

スポンサーリンク

パワーポイントを単品で購入する方法と価格の比較

パワーポイントを単品で購入する方法と価格の比較

パワーポイントのみ単品で購入できる場所は色々ありますが、ネットで購入するのが断然安いです。

Microsoft公式サイトから購入する場合

Microsoft公式サイトで購入する場合は、こちらから購入可能です。

Microsoftのパワーポイント購入ページ

正規の販売代理店から購入する場合

Microsoftが公式に公表している、Office製品の販売代理店からも購入できます。

現在は、以下の正規の販売代理店(ショッピングサイト)で購入可能です。

  • Amazon co.jp (Amazon以外の出品者が販売している商品を除く)
  • 株式会社エディオン
  • 上新電機株式会社
  • 株式会社ビックカメラ
  • 株式会社ベクター
  • 株式会社ヤマダ電機
  • 株式会社ユニットコム
  • 株式会社ヨドバシカメラ

パワーポイントを単品で購入する場合の最安値

ネット上で購入する場合には、Microsoft公式サイトか、正規の販売代理店から購入することになります。

それ以外のネットショップからは基本的に、正規品は購入できません。

実際に、正規品として購入できる全てのショップの価格を見てみましょう(2020年9月時点)

サイト 金額 販売ページ
Amazon 14,643円 こちら
エディオン 16,280円 こちら
Joshin(上新電機) 14,800円 こちら
ビックカメラ 16,270円 こちら
ベクター 16,280円 こちら
ヤマダ電機 15,074円 こちら
パソコン工房(ユニットコム) 15,708円 こちら
ヨドバシカメラ 16,270円 こちら
Microsoft公式サイト 16,284円 こちら
全て税込価格

販売価格の最安値を見ると、Amazonが一番安いですね。

余談
Excel・Wordを購入する場合も、Amazonが最安値でした。
最安値でエクセルのみ単品で購入する方法
ワードのみ単品で購入する方法と価格

ポイント還元は考慮していませんので、よく利用するショッピングサイトだと、ポイント込みでAmazonより割安になる場合もあります。

購入する際の注意点

購入する場合に、パッケージ版とオンラインコード版(ダウンロード)があることに注意してください。

Amazonではパッケージ版とオンラインコード版の両方を販売していますが、購入する場合はオンラインコード版を選択しましょう。

パワーポイントのパッケージ版とオンラインコード版(ダウンロード)

パッケージ版

パワーポイントが利用できるようになるプロダクトキーが書いてるカードが、後日発送されてきます。

オンラインコード版(ダウンロード版)

購入後にメールで直接プロダクトキーを入手できます。
発送されてから手元に届くまでの待ち時間もなく、しかもパッケージ版より安く購入できます。

そのため、断然にオンラインコード版での購入がおすすめです。

パワーポイントの短期間利用なら、さらに格安に

パワーポイントの短期間利用なら、さらに格安に

もし1年間だけなど、期間限定でパワーポイントを使いたい場合には、Microsoft 365 Personalの契約の方が安いです。

Microsoft 365 Personalの魅力

Microsoft 365 Personalは、サブスクリプションという定期契約型のプランになります。

  • 月契約だと、月額1,284円
  • 年契約だど、年額12,984円

この金額で、月または年契約をすれば、すぐにパワーポイントを利用できるようになります。

しかもパワーポイントだけではなく、ExcelやWord、OneNoteやSkypeなどMicrosoft 365に含まれる製品全てを利用することができます。

Microsoft 365の最高峰プランである、Office Professional 2019以上の利便性があるプランです。

さらには、Office製品に関連するクラウドサービスも一緒に利用できるようになります。

長期間利用すると、パワーポイント単品の購入より割高になりますが、1年間など期間限定の利用目的であれば、Microsoft 365 Personalの検討もオススメです。

Microsoft 365 Personalとパワーポイント単品の金額差

実際に、Microsoft 365 Personalとパワーポイント単品の価格差を見てみましょう。

利用期間Microsoft 365 Personal(年額)パワーポイント単品(定価)
1年目12,984円16,284円
2年目25,968円16,284円
全て税込価格

1年目であれば、Microsoft 365 Personalの方が安く、自分が使うパソコンであれば複数台にパワーポイントをインストールできます。

さらに、全てのOfficeサービスも利用でき、クラウドサービスも豊富なため、期間限定で検討している方には断然オススメです。

\ 1か月間が無料 /

パワーポイントを追加購入する方法と最安値のまとめ

パワーポイントを追加購入する方法と最安値のまとめ

パワーポイントを追加購入する方法と最安値のまとめです。

  • パワーポイント単品で購入することができる
  • Microsoft公式サイトや、正規の販売代理店から購入できる(もちろん正規品)
  • 最安値はAmazonです
  • ポイント還元を考えると、いつも利用しているサイトもおすすめ
  • 期間限定で利用を考えている場合は、Microsoft 365 Personalが最安値にもなる

購入サイトだけではなく、利用する期間によっても最安値が変わってきます。

利用頻度や用途をあらためて考えて、損をしない方法で購入してくださいね。

素敵なパワーポイント生活を送る参考になれば幸いです。

Office関連の記事

Office2019の購入方法|どこで買うのが一番安いか徹底比較

タイトルとURLをコピーしました