スポンサーリンク

Office2019の購入方法|どこで買うのが一番安いか徹底比較

Office
疑問
  • 今使っているパソコンにOfficeがインストールされていない
  • Office2019を追加で購入したいが、どこから購入方法が分からない
  • Office2019はどこで買うのが一番安い?

Officeが付属していないパソコンを新品で購入したが、やっぱり必要になった。
中古で購入したパソコンにOfficeがインストールされていない。
古いOfficeのままなので、最新のOfficeに入れ替えたい。

など、後からOfficeだけを購入したい場合もあると思います。

そんな時、どこでOfficeを購入すればいいかをご紹介します。さらに、購入方法による値段の比較もあります。

ぜひ、損をしない購入方法を検討してみて下さいね。

この記事の概要
  • Office2019が購入できる場所
  • Office2019を購入した後の流れ
  • Office2019のネット上の価格比較
  • Office2019を購入する際の注意点
  • Office2019の購入方法のまとめ
スポンサーリンク

Office2019が購入できる場所

Office2019が購入できる場所は、実は様々あります。

  • コンビニ(店舗による)
  • 家電量販店(実店舗や通販サイト)
  • ネットショッピングサイト
  • Microsoft公式サイト

で購入することができます。

実際に店舗に行って確認すると、薄っぺらいカード型のパッケージしか置いてありません。

これで本当にあってるの?と思ってしまいますが、これで大丈夫です。

Office2019はDVD-ROMなどの媒体からインストールするものではなく、ライセンスを購入して、Microsoft公式サイトからインターネット経由でインストールする流れになるためです。

ですので、薄っぺらいカード型のパッケージに「プロダクトキー」の記載がありますので、実際に店舗で購入する場合には、このカード型を購入することになります。

インターネット経由で購入する場合の注意点

ネットショッピングサイトで購入する場合、店舗と同じカード型のパッケージを購入して配送してもらう方法と、「プロダクトキー」を直接メールで受け取る方法(オンラインコード版とも表現されます)の2パターンがあります。

例えばAmazonで購入する場合には、

  • パッケージ版(カード)
  • オンラインコード

と種別が分かれています。

それぞれの違いは以下の通りです。

パッケージ版(カード)

店舗と同じカード型のパッケージを購入して、配送してもらう商品形態です。

オンラインコードより価格は高い場合がありますので、注意してください。

オンラインコード

購入後、「プロダクトキー」を直接メールで受け取る方法です。

Amazon以外のネットショッピングサイトでは、「ダウンロード版」とも記載されています。

パッケージ版(カード)は、購入後に配送され手元に届くまで時間がかかりますが、このオンラインコード版は、ショッピングサイトにもよりますが、購入直後にメールで「プロダクトキー」を受け取れます。

そのため、購入した日にOfficeのインストールまで行えます。

また、パッケージ版(カード)に比べても、価格が安く設定されているため、オンラインコード(ダウンロード版)での購入が断然オススメです。

ただしパッケージ版(カード)とは違い、実物はありませんので、メールに届いた「プロダクトキー」の紛失にだけ注意してください。

スポンサーリンク

Office2019を購入した後の流れ

店舗。またはネットショッピングサイトでOffice2019を購入して「プロダクトキー」を入手した後の流れを説明します。

入手した「プロダクトキー」を用いて、Microsoft公式サイトからOffice2019を自分のパソコンにインストールします。

その際に、Microsoft アカウントで「プロダクトキー」が管理されますので、Microsoft アカウントが必ず必要になります。

Microsoftアカウントの作り方【簡単に解説】

「プロダクトキー」入手後の流れとしては、以下の通りです。

  • 最初に office.com/setup にアクセスします
  • Microsoft アカウントでログインします。
  • 入手した「プロダクトキー」を入力します。
  • 自分のパソコンにOffice2019をインストールします。

「プロダクトキー」をどこで購入しても、最終的にはMicrosoft公式サイトからOffice2019をインストールすることになります。

そのため、最初からMicrosoft公式サイトでOffice2019を購入してしまうのが一番早くて楽だったりします。

Office2019のネット上の価格比較

実際にOffice2019を購入する場合は、実店舗で購入するよりネットショッピングサイトで、オンラインコード(ダウンロード版)を購入するのがオススメです。

実店舗で購入するより、安く早く「プロダクトキー」を入手できるからです。

実際に、ネット上の価格を比較してみました。
(2020年9月5日時点の比較です)

Windows10用を購入する場合

サイト Office
Personal 2019
Office
Home & Business 2019
Office
Professional 2019
Amazon ¥ 29,493 ¥ 34,443 ¥ 59,193
ヤマダ電機 ¥ 30,352 ¥ 35,445 ¥ 60,908
ヨドバシカメラ ¥ 32,770 ¥ 38,270 ¥ 65,770
ビックカメラ ¥ 32,770 ¥ 38,270 ¥ 65,770
上新電機 ¥ 29,800 ¥ 34,800 ¥ 59,800
Microsoft公式サイト ¥ 32,784 ¥ 38,284 ¥ 65,784

やはりといっては何ですが、Amazonが最安値でした。

Mac用を購入する場合

サイト Office
Home & Student 2019
for Mac
Office
Home & Business 2019
Amazon ¥ 23,553 ¥ 34,443
ヤマダ電機 ¥ 24,240 ¥ 35,445
ヨドバシカメラ ¥ 26,170 ¥ 38,270
ビックカメラ ¥ 26,170 ¥ 38,270
上新電機 ¥ 23,800 ¥ 34,800
Microsoft公式サイト ¥ 26,184 ¥ 38,284

こちらも同じく、Amazonが最安値でした。

ただし、Microsoft公式サイトを除くネットショッピングサイトで購入する場合には、注意が必要です。

Office2019を購入する際の注意点

ネット上の価格比較の表を見ていただくと、アレ?と思うかもしれません。

そうです。Yahoo!ショッピングと楽天市場がありません。

なぜなら、Yahoo!ショッピングと楽天市場にはMicrosoft公式サイトで公表されている以外の商品が販売されているからです。

さらに、定価以上の値段で販売している商品もあったため、意図的に載せていません。

Office2019の正規品のライセンス数は2台までOK

Microsoft公式サイトにも記載がありますが、Office2019の正規品は1つの「プロダクトキー」で、ユーザー1人が使用する2台のパソコンにインストールすることができます。

価格比較の表に記載があるOffice2019のライセンス種類全てで、2台のパソコンにインストールすることができます。

このライセンス数は、しっかり意識しておきましょう。

ショッピングサイトではライセンス数は1台のみもある

Yahoo!ショッピングと楽天市場などで販売されているOffice2019の商品欄を確認すると、

1 ライセンスにつき Windows PC 1台までインストール可能

と記載されている商品があります。

通常であれは、2台のパソコンまでインストール可能なはずです。

さらに「Home & Business 2019」であれば、WindowsとMacのどちらでもインストール可能ですが、わざわざWindowsと制限されている場合もあります。

自分が使うパソコンなら2台までインストールできるところ、実は1台しかインストールできない場合もありますので、そもそもの商品価値が低減しているものがあります。

そのため、同じ商品価値だと思って、安い商品を購入してしまうと、実はインストールできるパソコン台数が違ったりする場合がありますので、注意が必要です。

1 ライセンスにつき Windows PC 1台までインストール可能

のライセンス形態は、Microsoft公式サイトで公表されていません。もしかしたら業販でしか販売できない形態かもしれませんが、ちょっと怪しい雰囲気があります。

販売しているストアの対応も、海外の人が対応しているの?と思うような対応も感じてしまいます。

極端に安い場合、最悪インストールできない場合も

さらに、Microsoft公式サイトの販売価格(定価)より、極端に安い場合、かなり怪しさ満点です。

最悪の場合、「プロダクトキー」は入手できても、Microsoft公式サイトからOffice2019をインストールできない。といった状況にもなりえます。

そのため、定価より極端に安い商品や、信頼できないストアからの購入はおすすめしません。

一番安心できる販売元としたら、Microsoft公式サイトが間違いないでしょう。

\ Microsoft 365 Personal なら1か月間無料 /

Office2019の購入方法のまとめ

この記事の要点をまとめます。

  • 様々な場所で購入できますが、オススメはネット購入。
  • 購入方法は、安くすぐ入手できるオンラインコード(ダウンロード版)がオススメ。
  • 入手した「プロダクトキー」で、MicrosoftサイトからOffice2019をインストール。
  • 一番安く購入するなら、Amazonです。
  • ショッピングサイトによっては安いが怪しい商品もあります。
  • 安心して購入したい場合は、Microsoft公式サイトが確実です。

補足すると、家電量販店の通販サイトでもキャンペーンなどがあれば、Amazonに近い価格で購入可能です。

せっかく高いお金を出して購入するのだから、怪しい商品には十分に注意して、損しないところで購入したいですよね。

Office2019の購入について、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました